左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
2・PC:朝日アグリア・エコレット
JA全中中央SP

カーリング世界ジュニア選手権出場 日本代表を「ニッポンの食」でサポート JA全農2023年12月11日

一覧へ

JA全農は、12月8日にフィンランド・ロホヤで開幕した「世界ジュニアBカーリング選手権大会2023」に出場するカーリングジュニア日本代表選手を「ニッポンの食」で応援している。

「ニッポンの食」を手に笑顔のカーリングジュニア日本代表チームのメンバー「ニッポンの食」を手に笑顔のカーリングジュニア日本代表チームのメンバー

JA全農は、日本代表選手が海外でも普段通りのパフォーマンスができるよう、産地直送通販サイト「JAタウン」に掲載されている商品を中心に精米やフリーズドライのみそ汁、ご飯のおともや全農の商品ブランド「ニッポンエール」のドライフルーツなどニッポンの食」を選手の希望をもとに提供した。今大会で初めて渡した商品は、ニッポンエールの新商品「さつまいもけんぴ」と「農協キャラメル」で、現地でリフレッシュしながらエネルギー補給をできるよう、大会ごとにラインナップを更新している。

スキップの青木亮選手は「スポーツでハイパフォーマンスを出すためには食事がしっかりしていることが大切。日本の食パワーで世界ジュニアBを全力で楽しんできます」とコメントを寄せた。

ジュニア男子日本代表チームは2022年の同大会で惜しくも世界ジュニアカーリング選手権への切符を逃した。今大会も「ニッポンの食」をパワーに変えて、来年2月に開催される世界ジュニアカーリング選手権大会2024(フィンランド・ロホヤ)への出場をかけて戦う。

今回提供した「ニッポンの食」今回提供した「ニッポンの食」

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る