左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

クリスマスチキン包装資材のプラ使用量を半減 リテール店舗の環境対策を促進 JA全農2023年12月11日

一覧へ

JA全農は、全農グループでデパ地下や駅ナカで焼き鳥や総菜のリテール店舗を展開するアサヒブロイラーと連携し、同社直営店で販売するクリスマス限定商品を対象に、包装資材のプラスチック削減の取り組みを12月23日から開始する。

クリスマスチキン包装資材のプラ使用量を半減 リテール店舗の環境対策を促進 JA全農

全農は、これまで農業の生産現場でバイオプラスチックを使用した生分解性マルチの普及拡大や園芸用ハウスにおける中長期展張フィルム切替による廃プラ発生量の抑制などの環境負荷低減に取り組んできた。

今回はリテール側での取り組みの1つとして、クリスマス限定商品の包装資材を減プラ化。

従来使用していた資材には約45%、重量では約5.8g/枚のプラスチックが配合されていたが、新しい資材はクラフト紙を主体にすることで、プラスチック配合量を約21%、重量を約2.4g/枚まで削減した。

クリスマスチキン包装資材のプラ使用量を半減 リテール店舗の環境対策を促進 JA全農

また、包装資材のデザインにはクリスマスリースと資源循環の輪をイメージしたものを採用し、裏面には環境省の「プラスチック・スマート」の活動に賛同するロゴマークを使用している。

リニューアルした包装資材を使用する対象商品は「ローストチキンもも焼(鹿児島いいとこ鶏・国産鶏)」で、12月23日から25日までアサヒブロイラーの直営リテール店舗41店で販売。店頭では、POPを掲示して消費者にもプラスチック削減への協力を呼びかける。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る