JAの活動 特集詳細

特集:変革の時代 地方創生の主役は農業協同組合

2015.01.13 
【インタビュー・4JA組合長・専務に聞く】一層強まるJAと地域の一体感一覧へ

 農業協同組合は、「協同組合」の名称が示すように、組合員による自主的・民主的運営の組織であり、単に農業生産だけでなく、農家の生活向上を目的とするものである。
 その生活領域(地域)には、農家でない住民も住んでおり、ともに助け合うのは協同組合の趣旨からも当然である。そのため国際協同組合同盟(ICA)も、協同組合原則に「地域への関与」を挙げている。

 政府・規制改革会議の「農協改革」論はそれを否定し、農協は農業生産に専念すべきだとする一方で「地方創生」を唱えるという、相矛盾した方針を打ち出している。実態を知らないか、あるいは知ったうえでの“確信犯”か。我々は改めて、今日、日本の農協が地域で果たしている役割を、全国の特徴ある4JAの組合長・専務に聞いた。
 北から、岩手県盛岡市郊外の米地帯にあるJAいわて中央は、集落営農と法人経営による野菜との複合経営の確立で農業所得の向上を目指す。
 長野県のJA松本ハイランドは、農家組合組織を軸に、集落単位のさまざまな地域活動を展開する。
 また、ミカンで全国ブランドを持つ静岡県のJAみっかびは、ミカン一本で成り立つ農業の一層の前進を目指す。
 一方、愛媛県のJAえひめ南は、激しい過疎化のなかで、JAの総合力を発揮し、地域の農業、生活にまるごと関わっている。
 いずれのJAも、農業振興、地域の人々の生活を守る重要な役割を果たし、「地方創生」の主役として、地域に欠かせない存在になっている。


【インタビューは下記リンクから】

集落営農と法人化を推進 藤尾東泉・JAいわて中央(岩手県)組合長(2015.01.13)

・農業軸に未来へつなぐ 後藤善一・JAみっかび(静岡県)組合長 (1月15日更新予定)

・健康第一の農村づくりへ 高山拓郎・JA松本ハイランド(長野県)専務 (1月16日更新予定)

・農業は地域の総合産業 黒田義人・JAえひめ南(愛媛県)組合長 (1月20日更新予定)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ