JAの活動 特集詳細

特集:JAトップアンケート 今、農業協同組合がめさずこと

2015.11.16 
【JAトップアンケート】JA丹波ささやま 澤本辰夫代表理事組合長 「農村の価値を共有」一覧へ

 今回は、JA丹波ささやまの澤本辰夫代表理事組合長のご意見を掲載する。

JA丹波ささやま 澤本辰夫代表理事組合長JA丹波ささやま
澤本辰夫代表理事組合長

回答日:2015.9.30


【問1】あなたの農協では、農業・地域に対し、どんな役割を果たそうと考えておられますか。今後もっとも重要な役割だとお考えの内容をお書きください。
・地域農業における世代交代が迫り、離農に伴う土地持ち非農家の増加、耕作放棄地等の増加、販売農家の農業所得の減少が続き、将来の不安が拡大している中、10年後も地域農業維持するための、農業者の所得増大と農業生産の拡大、地域活性化振興の確立、地域性を活かした独自性の発揮できる農協
・地域に密着した総合相談窓口機能の発揮


【問2】問1の役割を果たすうえで、今、農業・地域での最大の課題は何ですか。
・20代から40代にかけた、組合員又地域住民の農協事業への積極的な参加が見られず残念であるが1企業とした対象になりつつある。
・農業・農村を支えるリーダーの育成による集落営農組織の立上げ、それに伴うJA関わり強化
・支店を中心として地域に密着した活動をこれまで以上に展開し、組合員や地域住民との繋がりを深め、JA利用者を増やしJAの組織基盤の強化を図る。


【問3】問2の課題を解決するため、もっとも力を入れようと考えておられることは何ですか。
・地域農業をリードする担い手、認定農家・集落営農と農業・農村・農地を支える担い手・兼業農家が一体となり農地の活用や地域特産物の促進を図り地域住民・消費者が農地の多面的機能の理解を深め、農村地域の価値観を共有し農業の応援を頂く方向を図っていく。
・地域暮らし戦略の実践でゆたかで暮らしやすい地域社会の実現を図っていく。
・各種組合員組織の再構築(女性会・青年部・認定農業者等)図り、JAの事業活動への積極的な参加の呼びかけと活動強化を図る。


【問4】問3に関連して、第27回JA全国大会議案では「9つの重点実施分野」を掲げています。このうち課題を解決し、貴JAがめざす姿を実現するために、もっとも重要と考えておられる事項を3つあげてください。また、その分野において、どんな取り組みを考えておられるのか、具体的内容をお書きください。

JA大会_重点実施9分野a=担い手経営体における個別対応
(具体的取組内容)
担い手の分類 新規就農者・後継者・退職後の高齢担い手対応等
水稲・大豆等大規模化を推進できる作物と、地域特産物等の小規模農家による伝統作物の体系による取組みのなか、認定農家と小規模農家対応による取組みが必要

d=生産資材価格の引き下げと低コスト生産技術の確立・普及
(具体的取組内容)
農産物等の生産資材の他業者からの購入・生産物の流通での、購買・販売力の強化を基本とした地域農業の確立を図らなくてはならない。
農作業受委託を合理的に進め、作付面積の拡大、農地の面的利用を図っていく。
集落組織に対して水稲等稚苗販売を推進し、共同作業活動支援を図る。

i=准組合員の「農」に基づくメンバーシップの強化
(具体的取組内容)
農村・JAの実態を踏まえたものとは言いがたい、収益の低い農業事業を維持していく上で、信用・共済事業が重要である。地域住民である准組合員をどのように位置づけ、関わりの少ない利用者をつなぐサービスの提供・地域貢献への取組みを図っていく。


【問5】第27回JA全国大会を機に、JAトップとして内外に発信したいお考えをお書きください。
・JA組織の結集力や一体感が弱体化しつつある、地域性を活かしたJAと県そして全中を中心として組織回復を図り全国統一した農協自己改革を進めるべきである
・農協活動を、組合員、利用者だけにとどまらず農協活動を広く地域住民、一般消費者に対してPR・広報活動を図っていく必要がある。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ