想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:JA全農の若い力

全農ET研究所 ゲノム育種で優良和牛 造田篤さん【JA全農の若い力】2020年8月28日

一覧へ

JA全農ET研究所は早くからET(Embryo Transfer:受精卵移植)に取り組み、和牛生産基盤を支えている。現在は年間2万5500個の受精卵と1100頭のET妊娠牛を全国に供給しているほか、新技術の開発にも力を入れている。今回は同研究所の3人の若い力を訪ねた。

造田篤さん

ゲノム育種で優良和牛

ET研究所では和牛の生産基盤の維持・強化のために優良な和牛を増産する研究も行われている。研究開発室の造田篤さんは2017年入会。大学院では黒毛和種の分娩間隔について遺伝能力の改良を研究テーマにしていた。コンスタントに1年に1産する素質が高い雌牛であることがあらかじめ分かっていれば農家にとって経営の見通しが立つなどメリットをもたらす結果となる。分娩間隔以外にも、たとえば枝肉重量に影響を与える要因は飼養管理法などの環境要因だけではなく、遺伝的要素が半分を占めるため、遺伝能力の改良には優良な牛を選んで交配していくことが必要だ。

そのため、どのように親の遺伝的能力を評価して、子に現れる結果を推定するかが大きな課題となっていた。こうした大学院で学んだ家畜育種学の知識を生かし、畜産の現場や農家に役立つ仕事ができるとET研究所に入った。

入会以来研究しているのはゲノム育種に関する研究だ。ET研究所で飼養している500頭の供卵牛からDNAを抽出、専用のスキャナー(写真の左の装置)を使ってその牛のDNA情報を取得する。現在、同研究所で現有する供卵牛はもとより、過去の供卵牛も遡ってデータを解析している。また、系統農場と提携して、データ解析行い、どの供卵牛が遺伝的に優れているかが推定できるという研究も並行して行っている。
1頭あたり調べるDNAの場所は約5万か所。造田さんは同僚とともに研究所や系統農場の牛からDNAサンプルを採取しスキャナーでデータを集めてきた。

そのデータをもとに牛の遺伝的能力を数値化することに取り組む。これをゲノム育種価といい、たとえば、ある供卵牛で予測される能力は枝肉重量が平均よりプラス○kg、ロース芯面積プラス○cm2というように数値化されるのだという。もちろん能力はマイナスのこともあるが、プラスの育種価を持つ供卵牛の受精卵は優良な能力を持つと考えられる。

そうした牛の受精卵から生まれた後継牛を新たに供卵牛として供与し、そこからさらに受精卵を採卵して供給していくことによって、ET研究所が全国に提供する受精卵の質の向上につながる。もちろんそれは各地での優良な後継牛づくりにも貢献する。

今までは血統や外観などをもとに優良な供卵牛を育成してきたが、遺伝子レベルで分析すれば同じ両親でも1頭1頭で能力が異なることが分かってきた。今後は今までの選抜に加え、こうしたゲノム育種を加味することによって、さらに優良な牛を選んでいくことになるという。

現在はゲノム育種価情報から枝肉重量など枝肉形質のみを評価する段階だが、今後は病気に対する抵抗性や繁殖性、飼料効率等、他の形質についても評価していきたいという。そのためのデータを取得する環境づくりが課題だという。

先端技術に基づいた研究が日本の和牛生産基盤の向上に貢献することが期待される。造田さんは農家や家畜市場にも足を運び、農家がどんな牛を望んでいるかなどにも耳を傾ける。
「現場に生きる研究をすることがもっとも大事だと考えています」。 

(あわせて読みたい記事)
全農ET研究所 受精卵移植で増頭に貢献 村里慎太郎さん【JA全農の若い力】

全農ET研究所 畜産基盤の強化に直結 櫻井皓介さん【JA全農の若い力】

JA全農家畜衛生研究所クリニックセンター 検査を武器に農家をサポート【JA全農の若い力】

畜産農家の経営安定へ飼料の基礎研究で貢献 全農飼料畜産中央研究所(上)

畜産農家の経営安定へ飼料の基礎研究で貢献 全農飼料畜産中央研究所(下)

JA全農飼料畜産中央研究所笠間乳肉牛研究室 能力の高い牛をつくる技術を研究【JA全農の若い力】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る