想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:持続可能な社会を目指して 希望は農協運動にある

創刊90周年特集にあたって2020年10月1日

一覧へ

JAcom

本会、農協協会は、今年で90周年を迎えます。

創始者・田中豊稔が、昭和4年(1929)当時、世界恐慌にあえいでいた農村に心を痛め、農村の経済更生運動に身を投じて『経済更生新聞』を発刊したのが、本会のはじまりでした。

その後紆余曲折を重ねながらも、田中の思い、蜘蛛の糸のような細い糸ではありますがつなげて今日に至りました。

わが国の食料自給率は37%、食料の6割以上を海外依存し、また相次ぐ自然災害が農業農村に甚大な被害もたらし、さらに新型コロナウイルスの感染症の世界的拡大でいくつかの国が農産物の輸出規制を実施しております。

そしてまた新型コロナウイルス感染症の拡大の長期化は、世界の平和を脅かし、数多くの悲惨な結果をもたらしております。

国連では、193か国が平成27(2015)年に「持続可能な開発目標」SDGsを採択、地球環境を守りながら、豊かな暮らしを営むことの出来る経済と社会を実現しようと、飢餓・貧困・気象変動などに関する17項目の目標を掲げ、令和12(2030)年の達成を目指してスタートし国内においてもこの運動の輪が少しずつ広がってきております。

農業協同組合が誕生して70余年、苦しかった戦後の食料難の時代から食料の生産基盤と安定供給を確立。地域住民とともに、農村の命と暮らしと地域と文化、そして、都市の生活をも守ってまいりました。

そこでJAcom農業協同組合新聞では、コロナ禍のこの時代、創刊90周年特集として改めて農協運動の歴史を振り返るとともに、持続可能な社会を目指す農協運動の一助にしたいと考え別掲のように「希望は農協運動にある」をテーマに特集を企画いたしました。

希望は農協運動にある想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」:企画一覧

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る