想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:第67回JA全国青年大会特集号 持続可能な社会をめざして 切り拓け! 青年の力で

コロナ禍でも誇り高い青年の情熱 歩みを止めない-JA全国青年大会 大会宣言案2021年2月17日

一覧へ

2月16日に初のオンラインで開催した第67回JA全国青年大会では、コロナ禍や多発する自然災害など農業、農村を取り巻く困難が多いなか、JAグループとともに創造的自己改革の実践に取り組み、わが国の食料・農業・農村が次世代へと持続的に継承され、国民生活の安定や国際社会に貢献していくための「今後の10年を描く必要がある」とするなど大会宣言案を主催のJA全青協が提起した。

大会宣言案を読み上げるJA全青協の桑原宏太理事(新潟県農協青年連盟委員長) 画面中央大会宣言案を読み上げるJA全青協の桑原宏太理事(新潟県農協青年連盟委員長) 画面中央

大会宣言では、コロナ禍にあっても、誇り高い青年の情熱とその歩みを止めないことなども宣言している。2月22日正午まで意見を募集したうえで採択する。宣言案は以下の通り。

◎第67回JA全国青年大会-大会宣言(案)-

新型コロナウイルスの影響はわれわれ農業者のみならず国内産業全体、そして世界経済に大きな打撃をもたらしており、とりわけ飲食産業、観光産業への打撃はわれわれに深刻な影響をもたらしている。

このような状況のなか政策では経営継続補助金、高収益作物次期作支援交付金が創設され、農業者にとっては力強い政策的後押しとなった。政府による唐突な見直しもあったが、全国盟友による要請活動により現場の実情に近づけることができた。われわれは引き続き未来を拓くための政策を強く求めていく。

一方、われわれ農業者への影響は新型コロナウイルスだけではない。毎年大きな影響をもたらす自然災害、終息が見えない鳥インフルエンザ等の家畜伝染病、また、需給バランスの崩壊がもたらす米の在庫過多、野菜等の市場相場の暴落は豊作を喜べない危機的な現状を露呈させ、農業を取り巻く産業全体の本質的な見直しを迫られている。

この待ったなしの状況のなか、われわれJA青年組織はJAとともにこの難局を乗り越えねばならない。今こそJAグループとともに創造的自己改革の実践に取り組み、令和2年3月に閣議決定された新たな食料・農業・農村基本計画に基づきわが国の食料・農業・農村が次世代へと持続的に継承され国民生活の安定や国際社会に貢献していくための今後の10年を描く必要がある。

本日はわれわれはコロナ下において新しいツールを使い絆を育み、学習をもとに自らの組織を見直し10年後の未来を描くことを目標に活動し挑戦し続け誇り高い青年の情熱とその歩みを止めないことを確認した。

Let's think! 大地とともに未来をひらけ~今こそ絆が試される。さあ、考えよう。明るい未来を切り拓け。

以上 宣言する。

令和3年2月16日 第67JA全国青年大会

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る