人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:第44回農協人文化賞

【第44回農協人文化賞】「やればできる」を胸に 営農経済部門 京都府・JA京都にのくに元専務、現(株)アグリサポート夢社長 足立良明氏2023年12月18日

一覧へ

多年にわたり献身的に農協運動の発展などに寄与した功績者を表彰する第44回農協人文化賞の表彰式が11月30日に開かれました。
JAcomでは、各受賞者の体験やこれまでの活動への思い、そして今後の抱負について、推薦者の言葉とともに順次、掲載します。

JA京都にのくに元専務 現(株)アグリサポート夢社長 足立良明氏JA京都にのくに元専務
(株)アグリサポート夢 社長
足立良明氏

私は、昭和56(1981)年に当時の下豊富農協(京都府福知山市)に入組し、信用窓口係を担当したのが協同活動・農協人としてのスタートでした。下豊富農協は組合員数900人弱と小さな農協で、主な農畜産物は米でした。米の収穫期には、信用担当者も営農担当者と一緒になり、暗くなるまで米集荷や農家訪問の日々でした。その後、営農部門に配属され営農知識も無い中で、当時の営農職員や普及センター職員と同行し、「あぜ道指導」や公民館を借りての地域相談会にも出席し、組合員の皆さんと共に地域農業の振興に取り組みました。

平成9(1997)年9月に京都府の中丹地域の8総合農協と1専門農協が合併し「京都丹の国農業協同組合」が誕生し、合併から平成18(2006)年までの約10年間は経営基盤の強化が図られました。この間には管内にあった39支店を13支店にまで支店機能集約を図るともに、組合員宅に「出向く」体制づくりが求められました。当時は統廃合の対象となる支店の支店長として、合併や統廃合に伴うさまざまな組合員の疑問や要望、時には厳しい意見も頂戴しましたが粘り強く対話を重ね、統廃合の趣旨をご理解いただけるよう努めました。若い頃の営農部門での体験やこの頃の組合員の皆さまとの対話がこれ以降の農協人としての基盤となっています。

毎年1月に、組合員、生産者が一堂に会しその年度の取り組み内容を確認する「生産振興大会」を開催。毎年1月に、組合員、生産者が一堂に会しその年度の取り組み内容を確認する「生産振興大会」を開催

統廃合に伴う経営基盤の強化は図られたものの、支店の廃止を伴う機能の再編には、農協と組合員との関係性に少なからず影響を与え始めてきました。そこで、改めて組合員との絆を深める為の場作りが急務となり、絆づくりに向けたさまざまな取り組みが展開されることとなりました。その一環として、「生産者と消費者をつなぐ場・交流を深める場」としてかねてより組合員組織から要望されていた農産物直売所「彩菜館」が開設されました。当時福知山支店長として地区の営農経済部門も管轄する中、「彩菜館福知山店」開設にも携わり、オープンにこぎ着けたものの管内には各地域で運営される直売所も数多くあり、店舗に品物がなかなか集まらないなど悩む日々でした。そこで彩菜館運営協議会の役員との中から、消費者に彩菜館を認知してもらうため、「イベント等に出向いた販売」を企画、福知山市内で開催される大規模イベント「福知山産業フェアー」に出店することとしました。このイベントは多くの市民が集う大型イベントでもある事から、毎年「出張彩菜館」として出店しています。また、さまざまなイベントに出店することで、来場者を中心に彩菜館福知山店のPRとともに売り上げにも貢献できました。近年では彩菜館の知名度も上がり、順調に売り上げも伸びてきており、取り組みが実を結んだと実感しています。

平成23(2011)年、思いかけず企画管理部長を拝命することとなりました。現場経験しかない者が務まるのかと思いましたが、30年間組合員や地域の皆さまと対話してきた経験を生かす場が与えられたと考え、組合員と役職員がふれあいを深める「場」作りに取り組みました。平成25(2013)年の第16回通常総代会において常務理事に選任、営農経済担当常務として就任しました。喫緊の課題となっていた営農経済部門の収益の改善に向けた機構改革に取り組み、組合員や利用者には支店単位で開催される懇談会に出向いて時間をかけてご理解いただけるよう説明を重ねてきました。その一方で彩菜館利用者を対象とした川柳コンテストや子ども向けの食農教育イベントの開催など、ふれあいの「場」づくりに取り組むとともに、地域特産物である「万願寺甘とう」の普及拡大を部会協議会と共に取り組み、万願寺甘とうの地元応援団「あまとくらぶ」の組織化など消費者へのPRと共に生産量の拡大にも取り組みました。また、地域農地保全や農作業受託を通じた地域農業の振興に向けて、出資型農業法人「(株)アグリサポート夢」の設立に向けた道筋をつけたのもこの時期でした。

その後、平成28(2016)年に信用共済担当常務、令和元年(2019)年に専務理事と営農経済事業を直接担当することはなくなりましたが、全ての事業は組合員・地域農業を支えるためにある思いで業務に邁進してまいりました。

令和4(2022)年6月、大きく変化を遂げる時期でありましたがご無理を申し上げ、専務理事を退任し新たな人生を送る事としました。現在は先ほど述べました「(株)アグリサポート夢」の代表取締役を務めております。弊社は水稲を中心に小豆、万願寺甘とうなどの耕作とJAからの依頼によるドローン防除など農作業を受託しており、今後は栽培規模と農作業受託の拡大に取り組むことで、設立時に掲げた地域農業の振興に向けて従業員と共に毎日ほ場にて農作業に励んでおります。

私の出身小学校に「真面目に働き、世の為に尽くせ」の校訓があります。その校訓にあるように、世の為に尽くせたかは分かりませんが、まじめに取り組む事を常に頭に置きながら、この農業情勢の厳しい時代を乗り越えるために、組合員の皆さまと対話を重ね、元上司が言っていた「やればできる、やらねばならぬ」の精神で業務にあたってきました。この度の受賞は、ひとえに長年共に農協運動に取り組んできた組合員様をはじめ関係者、役職員の方々の後押しのおかげと感謝しております。今後もこの受賞を契機に一層精進を重ねてまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

【第44回農協人文化賞】「やればできる」を胸に 営農経済部門 京都府・JA京都にのくに元専務、現(株)アグリサポート夢社長 足立良明氏【略歴】
あだち・よしあき
1960年9月生まれ。1981年6月、旧下豊富農業協同組合入組。97年9月広域合併で京都丹の国農業協同組合誕生により下豊富支店次長、99年中六人部支店支店長、2002年夜久野支店支店長、05年福知山支店支店長、08年福知山支店統括支店長、11年企画管理部部長。13年常務理事(営農経済担当)。16年常務理事(資金共済担当)。19年6月〜22年6月代表理事専務。同年7月株式会社アグリサポート夢代表取締役就任、現在に至る。

【推薦の言葉】
健全な地域社会の創造
足立氏は、1981年に下豊富農業協同組合に入組し、97年の広域合併により京都丹の国農業協同組合の職員となったのち、2013年に常務理事、19年には代表理事専務に就任した。
同JAは「協同の精神を培い、総合力の発揮によって人と自然が調和する農業と、心豊かで潤いのある生活を実現するとともに、健全な地域社会の創造に貢献する」を経営理念とし、JAの使命である安全・安心で安定した農畜産物の供給とともに、担い手の育成、有害鳥獣対策、京野菜等の生産振興とPRに全力で取り組んだ。地域農業振興の取り組みにおいては、営農・担い手支援係(TAC)に加え、広域営農経済センターへ「特産TAC」を配置し、多様な担い手や新規就農者を対象とした、技術指導や経営支援を行うとともに、生産組織の法人化設立支援に取り組んだ。また、定年帰農者や農家子弟を対象とした、野菜の生産技術指導を行う「野菜の学校」や、即戦力となる特産物生産者の育成を目的に「特産物実践塾」を開講し販売農家の育成にも取り組んだ。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る