おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【緊急インタビュー(下)】あらゆるものに「値札」 TPPの本質に協同で対抗を ジャーナリスト・堤未果さん2016年11月9日

一覧へ

◆農協改革もセット

 農業分野でいえばTPPと両輪で政府がすすめる「農協改革」のなかにある「全農の株式会社化」、同じくTPPとセットで進められている「医療分野の規制緩和」のなかで、特区内で医療法人を株式会社化するという箇所がありますが、あれも同じです。協同組合や皆保険制度は、「徹底した非営利主義」が根底にあっての存在です。それを一部でも株式会社化して値札を付ければ、食物連鎖の中に放り込まれてあっというまに価格競争にさらされる。そもそも「利益の最大化」が最大目的ではない協同組合や皆保険制度が、「株主利益の最大化」という180度違う目的を持つ企業群と彼らのルールで競争する必要などないのです。同じ海の中に放り込まれたが最後、「効率・価格」という部分で負けて大きい魚に食べられるでしょう。そして大きな魚(株式会社)の腹の中にのみこまれてしまったら最後、「効率や利益」以外の部分を軸にした「協同組合」には戻れません。

◆対抗軸に多様性を JAの活動に期待

 TPPの本質は世界を統一市場にすること。それは私たちの生活のなかにあるあらゆるものに値札を付けること。モノだけではなく人々自身にも値札がつく。子どもたちの未来を作る教育や、共同体、伝統、文化、芸術、食の安全など、数字で価値が測れないのも後に続きます。TPPのヨーロッパ版であるTTIP(内容は同じ)にヨーロッパの人々が農業従事者を筆頭に激怒して反対しているのも、聞けばこれと同じ理由です。
 ニューヨークで出会ったあるシティグループの幹部は私にいいました。「この世の中に、カネで買えないものなどない」そんな世界に子どもたちを住まわせたいでしょうか?
 一度失ってしまったら戻れないものがあります。日本にある協同組合も、ここまで作りあげるためには大変な時間と努力、より善き社会を作りたいという人々の思いがあったでしょう。
 日本の場合は一つひとつの地域にJAがあって、それぞれが創意工夫をしていています。実はTPPに象徴されるすべてに値札をつけるという考え方を進める側にとって、この「多様性」というものが一番邪魔なのです。多様性、お互い様の価値観、四半期で利益が出ないものを救い上げて総合的に助け合う共済制度など、これらは全て「効率よく利益を出す株主至上主義」とは対極にあります。
 現在日本各地から呼ばれて、東西南北のJAや医師会などを回っていますが、一つひとつの地域に、素晴らしい名産品や共同体や人々の暮らしや知恵があり、そのたびに驚きと発見があり、私の国はこんなに貴い「多様性という宝もの」をもっているんだと改めて気づかされます。そして各地域でそれらが維持されている最大の理由は、JAのような協同組合の存在なのです。

◆世界へ連携の輪を 二国間協議に警戒

--今後の国会審議などに向けた提案をお願いします。

 今のままだと政府は国会を延長してでもTPP採決をしたいでしょう。でも今回は本家本元のアメリカ大統領選挙の結果が、危険要素が多すぎて全く読めない。
 ただ、どちらの大統領になったとしてもアメリカ自体が大統領選挙の後にカオスになってゆく可能性が高いので、すぐにTPP批准というのは難しいでしょう。日本政府がやっているように、私たちもあちらの議員に会いにいったり、ロビイング活動をしても効果的ですね。気をつけなければならないのは、TPPの減速と入れ替わりに浮上してくるだろう「日米二国間協議」の方です。次はこっちが別の名前とパッケージに入れられて登場するでしょう。目を離してはいけません。
 農業分野に関しては、TPPが減速しているこの間にもどんどん進む「農協改革」の方を注視する必要がありますね。この時重要なのは、「医療の規制改革」とセットで見ることです。農業だけだと一般市民の関心は得にくいですが、医療とセットで説明することでより一般の人々が興味を持つでしょう。ヨーロッパではTTIPは民衆の反対で一旦決裂しましたが、日本の様に選挙後に翻るリスクを見据えて人々は気を緩めていません。彼らともつながってノウハウをどんどん交換しましょう。大切なものを守る行動に、終わりはないのです。

【緊急インタビュー(上)】ジャーナリスト・堤未果さんー協定の翻訳なしで審議できないはず、民主主義を取り戻す 国会を国民が変えよう、すべてに値札付け TPP協定の本質

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る