農政 ニュース詳細

2013.02.05 
野生鳥獣の農作物被害13億円減一覧へ

 農水省は平成23年度の全国の野生鳥獣による農作物被害状況を2月1日公表した。

 被害金額は226億円で前年に比べ13億円(6%)減少した。被害面積は10万haで前年比7000ha(6%)減、被害量も70万tで同2万2000t(3%)減となった。
 主な獣種別にみた被害金額はシカがもっとも多く83億円で前年比5億円(7%)増、イノシシは62億円で同6億円(8%)減、サルは16億円で同2億円(13%)減となった。獣類の被害金額に占めるシェアはこの3種で87.5%を占めており、そのうちシカは44.9%となっている。
 一方、鳥類ではカラスが被害金額に占めるシェアがもっとも大きく52.3%、次いでカモ12.7%、スズメ10.6%。

野生鳥獣による農作物被害金額の推移

 

(関連記事)
「鳥獣被害対策優良活動表彰」受賞者決まる (2013.01.31)

果樹園のカラス対策で新技術開発 テグス使って簡便に  農研機構 (2012.10.18)

239億円に及ぶ野生鳥獣による農作物被害  農水省調査 (2012.01.23)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ