Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新たな木材生産方法探る 国内初の大規模実験2013年5月21日

一覧へ

 人工林の公益的機能と木材生産を両立するための施業方法を探る大規模な実験が、北海道のトドマツ林で始まる。

 日本では1000万haの人工林が主伐期を迎えている。国産材の有効活用を図るため、森林の公益的機能と木材生産を両立させる伐採方法の開発が求められている。
 その両立をめざす施業方法として、近年、林内で残す木を選択したあとで伐採を行う「保残伐」が世界的に行われているが、その有効性を実証的に明らかにする研究は日本では行われておらず、今回が初めてとなる。
 研究は、北海道有林のトドマツ人工林を試験地とし、(独)森林総合研究所(北海道支所)、地方独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部林業試験場、北海道大学農学部森林科学科、北海道が共同で行う。


(関連記事)

素材供給量、国内材の割合 4年連続増加(2013.04.22)

木材の輸入額4%減(2013.03.29)

森林再生基金(FRONT80)助成案件決まる 農林中金(2013.03.01)

佐賀県産木材の積み木を寄贈  農林中央金庫(2012.12.14)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る