Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

地球環境国際賞に松野太郎氏(旭硝子財団)ら2013年7月1日

一覧へ

 公益財団法人旭硝子財団は、第22回地球環境国際賞(ブループラネット賞)に松野太郎氏とダニエル・スパーリング氏が受賞したと発表した。

 地球環境国際賞(ブループラネット賞)は、地球環境問題の解決に、向けた社会科学・自然科学の技術・応用面で著しい貢献をした個人、または組織に送られる賞。
 松野太郎氏は、海洋研究開発機構地球環境変動領域特任上席研究員。気象科学の研究・予測・解明に優れた指導力を発揮し、地球温暖化と気候変動について世界の認識を深める貢献をしたことが評価された。
 ダニエル・スパーリング氏(米国)は、カリフォルニア大学デービス校教授。交通が環境に及ぼす影響について、科学・技術から行政までを含む包括的な実践研究により、都市の環境施策に大きな進歩・指針をもたらしたことが評価された。
 受賞者には賞状、トロフィーと副賞賞金5000万円が送られる。10月30日にパレスホテル(東京都千代田区)で表彰式典を、翌31日に国際連合大学で記念講演会を行う。

(関連記事)

社会的共通資本の重要性を強調 宇沢教授がブループラネット賞受賞記者会見(2009.10.27)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る