Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農地中間管理機構の整備で税制改正要望2013年8月30日

一覧へ

 農林水産省は8月29日、26年度税制改正要望を決めた。

 農地中間管理機構が整備されることにともなう特例措置の創設を要望する。同機構を利用した農地の貸借をした場合、民間取引より出し手、受け手双方にメリットがある措置として要望する。
 具体的な創設要望は▽出し手が機構に農地を貸し付けた場合、当該農地所有者に課税される固定資産税の免税▽出し手が農地を機構に譲渡した場合、課税される譲渡所得税や法人税の特別控除の拡充(800万円を1200万円に引き上げ)▽出し手が農地を機構に一括贈与した場合に、納税猶予されている相続税・贈与税を免除▽農地の出し手・受け手と機構の契約にかかわる印紙税の減免▽受け手が利用配分計画によって農地を購入した場合の登記にかかわる登録免許税の減税措置、不動産取得税の減税、などである。
 また、農地保有合理化法人に対してこれまで講じられてきた特例措置の機構への適用も求めている。そのほかバイオディーゼル燃料の軽油取引税の特例措置の創設も要望。
 既存措置に関するものでは、都市農地が公共収用のために譲渡され、代替地で営農を継続した場合にも相続税納税猶予などの措置が継続が措置されるよう要望している。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る