農政 ニュース詳細

2014.07.18 
農作物損傷2万ha超す 台風8号被害一覧へ

 農林水産省は台風8号と梅雨前線による農林水産被害を調査している。

 7月14日18時現在のまとめによると農作物の損傷は2万1279haに及んでいる。被害地域は東北地方から東海、四国、沖縄まで13県となっている。沖縄県では1万1216頭羽の家畜の斃死が確認されている。
 そのほかビニールハウスの損壊が10県で66件、畜舎等の損壊が3県で55件となっている。農地の損壊は9県で124か所、農業用施設の損壊は9県で187か所となっている。林野関係では林地損壊37か所など、水産関係では漁船、養殖施設などに被害が出ている。農水省は引き続き調査を行っている。


(関連記事)

災害被害支援などに3445万円 コープみらい(2014.05.26)

雪害対策で奮闘するJA全農(2014.03.20)

JAグループ フィリピン台風支援募金5700万円(2014.03.18)

FRONT80第9回助成決定 農林中央金庫(2014.03.10)

台風・竜巻への不安高まる 地球温暖化の影響(2014.02.26)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ