JAの活動 ニュース詳細

2014.03.18 
JAグループ フィリピン台風支援募金5700万円一覧へ

 平成25年11月8日に発生した台風30号で大きな被害を受けたフィリピンに対し、JAグループは復旧・復興に向けた募金活動に取り組んだ。今年1月までにJAグループ役職員等から寄せられた募金額は約5700万円となり、このほどJA全中が贈呈先などを決めた。

 フィリピン中部の6つの島を直撃した台風30号の被害は、昨年11月時点で死者・行方不明者は5000人を超える見込みで、41州で690万人が被災、15万戸近くの家屋が損壊したと発表された。
 JAグループは昨年12月2日から今年1月24日までの約2か月間に支援募金活動を行った。その結果、2月20日現在、募金総額は5674万2875円となった。
 この募金についてはICA(国際協同組合連盟)が設置したフィリピン台風被害復興基金に500万円、ICA会員団体であるフィリピン協同組合連合会、全国協同組合連合・開発センターに4200万円のほか、日本赤十字社のフィリピン台風救援金に574万2875円、WFP(世界食糧計画)のフィリピン台風緊急支援に400万円を贈呈する。


(関連記事)

都市農業こそ農の価値発信を JA全中がシンポ(2014.03.13)

JA共済連の国際支援 衣服など難民キャンプへ(2014.02.28)

ラオスの洪水被災者に備蓄米支援 約100万食(2014.01.15)

フィリピン支援の募金始める JAグループ(2013.12.09)

フィリピンへ米400万食支援 農水省(2013.11.26)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ