左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

林前農相が再登板 西川氏辞任2015年2月24日

一覧へ

 西川農相の辞任にともなって林芳正前農相が2月23日夕、新農相に就任。就任会見を行った。

会見する林氏 林新農相は午後7時過ぎに農林水産省に登庁し、大臣室ではなく皆川事務次官と佐藤官房長が待つ副大臣室に入った。突然の辞任で大臣室からは西川前大臣が持ち込んだものと思われる置物などが、あわただしく運び出される光景もみられた。
 就任会見で林農相は「改めて重責を担うことになった。身を引き締めて職務に取り組んでいきたい」と話し「農林水産業・地域の活力創造プラン」に基づいた施策を着実に進めることが使命と語った。
 農協改革については「全体像をしっかりと整理したうえで、この意義を現場のみなさんにご理解いただく努力をしていきたい」と語るとともに、農協法改正法案について「成立に向けてしっかり努力していきたい」とした。
 TPP交渉については「衆参両院の農林水産委員会の決議、これが守られたと評価いただけるように精力的にやっていきたい。それに尽きる」と述べた。
 林農相は大臣離任後は自民党の農林水産戦略調査会会長に就任していた。農協改革も含め「党に(政府から)ご相談があって党の議論をやってきた。何か知らないことがあるということはないんじゃないかと考えている」と話し切れ目なく農政改革を実行できるとの考えも示した。

(写真)
2月23日の就任会見のようす

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る