農政 ニュース詳細

2015.02.24 
林前農相が再登板 西川氏辞任一覧へ

 西川農相の辞任にともなって林芳正前農相が2月23日夕、新農相に就任。就任会見を行った。

会見する林氏 林新農相は午後7時過ぎに農林水産省に登庁し、大臣室ではなく皆川事務次官と佐藤官房長が待つ副大臣室に入った。突然の辞任で大臣室からは西川前大臣が持ち込んだものと思われる置物などが、あわただしく運び出される光景もみられた。
 就任会見で林農相は「改めて重責を担うことになった。身を引き締めて職務に取り組んでいきたい」と話し「農林水産業・地域の活力創造プラン」に基づいた施策を着実に進めることが使命と語った。
 農協改革については「全体像をしっかりと整理したうえで、この意義を現場のみなさんにご理解いただく努力をしていきたい」と語るとともに、農協法改正法案について「成立に向けてしっかり努力していきたい」とした。
 TPP交渉については「衆参両院の農林水産委員会の決議、これが守られたと評価いただけるように精力的にやっていきたい。それに尽きる」と述べた。
 林農相は大臣離任後は自民党の農林水産戦略調査会会長に就任していた。農協改革も含め「党に(政府から)ご相談があって党の議論をやってきた。何か知らないことがあるということはないんじゃないかと考えている」と話し切れ目なく農政改革を実行できるとの考えも示した。

(写真)
2月23日の就任会見のようす

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ