左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【TPP】全中の奥野会長が談話発表2015年10月9日

一覧へ

 JA全中の奥野長衛会長は10月8日、TPP閣僚会合に関する談話を発表した。

 談話の全文は以下のとおり。

◇     ◇

 米国・アトランタで行われていたTPP閣僚会合は、当初からの日程を大幅に延長するかたちで9月30日から6日間行われ、大筋合意が発表された。
 
 今回の合意によって、農業分野についてはいずれの品目においても、米国など大輸出国との厳しい競争を余儀なくされることとなり、生産現場には不安と怒りの声がひろがっている。
 
 そのようななか、既に安倍総理から、持続可能な農業を維持・展開することにより、安全・安心な食料の安定供給を確保し、引き続き、農業の多面的機能を発揮していくことについて、国としての明確な意思が示されたところである。
 
 国会決議に記されている「再生産」を確実にするとともに、後継者を確保していくには、息の長い農業政策が必要であり、関連法制度の整備やそれに沿った予算措置など、万全な対応が不可欠である。また、TPP合意のもとで農畜産物の輸出条件を改善する取り組みを行うなど、対策を強化すべきである。
 
 我々としても、ボトムアップによって、全国の農業者の声をきちんと聞き取り、さらには消費者の声にも十分配慮し、政策提言を行ってまいる所存である。
 
 政府・与党に対しては、我々との対話と協議のなかで今後の政策を確立するよう、要請するものである。

(関連記事)

【TPP】大学教員の会が緊急抗議声明 (15.10.09)

【TPP】国民議論なき大筋合意を批判-岩手の達増知事 (15.10.09)

TPP反対を改めて表明 パルシステム生協連 (15.10.08)

米の米国・豪州向け特別枠-TPP大筋合意 (15.10.06)

輸入増加分を国産備蓄米で買入れ-林農相 (15.10.06)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る