農政 ニュース詳細

2015.10.08 
TPP反対を改めて表明 パルシステム生協連一覧へ

 パルシステム生協連は、10月5日にTPP交渉が大筋合意したことに対して、改めてTPPに反対することを表明した。

 パルシステム生協連は、かねてより「TPPは食の安全性確保や国内農林水産業など、くらしや地域社会全体が崩壊する可能性が高い」と考え、交渉参加に反対を表明し、2012年4月には「TPPへの参加に反対し、日本の『農林水産業』の再生を求める署名」5万5948筆を内閣総理大臣に提出。さらに、15年1月に設立した「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」では、産直産地の生産者をはじめとする関係団体とともに中心的な役割を果たしてきている。
 今回の大筋合意についても、TPPは「社会基盤、国の制度までを大きく変える危険性を持っている」にもかかわらず「十分な説明や議論がないまま、農林水産業や労働、医療・保険など多くの分野で深刻な影響が懸念される」ことから、改めてTPP反対を表明した。

(関連記事)

米の米国・豪州向け特別枠-TPP大筋合意 (15.10.06)

輸入増加分を国産備蓄米で買入れ-林農相 (15.10.06)

大筋合意内容、生産現場「容易ではない」-奥野全中会長コメント (15.10.06)

【TPP】国会決議破りのTPP「合意」は許さず-緊急国会行動 (15.09.30)

【TPP】合意は許さない緊急行動-TPP反対市民団体 (15.09.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ