左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

TPP反対を改めて表明 パルシステム生協連2015年10月8日

一覧へ

 パルシステム生協連は、10月5日にTPP交渉が大筋合意したことに対して、改めてTPPに反対することを表明した。

 パルシステム生協連は、かねてより「TPPは食の安全性確保や国内農林水産業など、くらしや地域社会全体が崩壊する可能性が高い」と考え、交渉参加に反対を表明し、2012年4月には「TPPへの参加に反対し、日本の『農林水産業』の再生を求める署名」5万5948筆を内閣総理大臣に提出。さらに、15年1月に設立した「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」では、産直産地の生産者をはじめとする関係団体とともに中心的な役割を果たしてきている。
 今回の大筋合意についても、TPPは「社会基盤、国の制度までを大きく変える危険性を持っている」にもかかわらず「十分な説明や議論がないまま、農林水産業や労働、医療・保険など多くの分野で深刻な影響が懸念される」ことから、改めてTPP反対を表明した。

(関連記事)

米の米国・豪州向け特別枠-TPP大筋合意 (15.10.06)

輸入増加分を国産備蓄米で買入れ-林農相 (15.10.06)

大筋合意内容、生産現場「容易ではない」-奥野全中会長コメント (15.10.06)

【TPP】国会決議破りのTPP「合意」は許さず-緊急国会行動 (15.09.30)

【TPP】合意は許さない緊急行動-TPP反対市民団体 (15.09.28)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る