左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

鳥獣被害 前年度より8億円減-農水省2016年1月25日

一覧へ

 農林水産省は26年度の野生鳥獣による農作物被害状況をまとめ1月22日に公表した。

 被害金額は191億円で前年度にくらべて8億円減少した。対前年比4%減。被害面積は8万1000haで同2000ha増加した。同3%増。被害量は54万tで同9万1000t減少と同14%減。
 主要な獣種別の被害金額はシカがもっとも多く65億円。ただし、前年度より10億円減少した。次いでイノシシが55億円(同0.1億円減)、サルが13億円(同800万円減)となった。
 鳥害はカラスがもっとも被害金額が大きく前年度より7900万円減少したものの17億円でサルによる被害額より多い。

(関連記事)
鳥獣被害対策の特徴や実例取り上げ 「全国鳥獣被害対策サミット」 (15.12.28)

熊本県で「鳥獣バスター養成講座」 オンラインで (15.11.24)

鳥獣被害、防止計画策定市町村は8割超 農水省 (15.06.10)

光と音で鳥獣による農作物被害を防止 北海道日立システムズ・太田精器 (15.05.12)

JAちちぶが生産局長賞 鳥獣害被害対策 (15.02.06)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る