2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

東電前で抗議行動 川内原発即停止も2016年4月27日

一覧へ

 福島県農民連は4月26日東京で、原発事故を起こした東京電力に対する抗議行動を行った。福島県の農業者を中心に約120人が、シュプレヒコールで抗議し、参議院議員会館で経産省・東電と交渉した。

東電前で抗議する福島県の農民 この講義行動は、賠償や除染など原発事故に対する経産省、東京電力の対応に抗議する福島県農民連の一連の行動の一つ。
 福島県農民連の根本敬会長は、「中間決算で3651億円、3年連続、過去最高の経常利益をあげながら、賠償打ち切りをどんどん進めている。東電が生き残り、われわれを棄民化するのか。許せない。われわれは被害者ではおわらない。次の世代まで責任を果たす」と、抗議とともに、福島県民の決意を示した。
 原発をなくす全国連絡会の長尾ゆりさんは、「川内原発を止めることは、福島の運動とつながっている。不安の奴隷はごめんだ」と、また国内の原発廃炉、特に現在運転中の鹿児島県の川内原発の即時停止を訴えた。
 実際に避難している人からは、来年3月で借り上げ住宅の期限が切れることや、避難解除されても、家は人の住める状態ではなく、帰還するのは高齢者ばかりで、地域や生活の将来が描けないなど、それぞれ厳しい実態を訴えた。
(写真)東電前で抗議する福島県の農民

今日のニュースへ戻る

(原発の関連記事)
被災地の不安軽減のため川内原発の稼働停止を パルシステムが安倍首相に (16.04.25)

「風化」させるな-震災・原発事故5年で全農林がシンポ (16.04.20)

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る