左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

熊本市でミネラルウォーター購入が11倍に ―家計調査から見た熊本地震の影響2016年6月24日

一覧へ

 総務省統計局統計調査部は、熊本地震で被災した家計調査データを中心に、家計の支出面から被災の影響をまとめたデータを6月21日に公表した。

 4月の熊本市の家計調査結果によると、消費支出全体では、前年同月に比べて名目で3割以上減っているが、内訳をみると、「ミネラルウォーター」が前年同月の11倍、「カップ麺」が2.4倍、「魚介の缶詰」が2.3倍となっている。その他、ペットボトルのお茶などの「茶飲料」や「おにぎり・その他」の購入も1.5倍前後となっている。
 食料品以外では、「電池」が同2.8倍、カートリッジ式ガスボンベなど「他の光熱のその他」が2.3倍に、「温泉・銭湯入浴料」が2.6倍となっている。
 この4月の全国平均の結果を見ると、前年同月に比べ、「ミネラルウォーター」が34.7%増、「カップ麺」が16.3%増と大幅な増加となっている。さらに「電池」9.4%増(いずれも名目)となっている。
 これを地震発生前(1日から13日まで)と、地震発生後(14日から30日まで)を比べると、「ミネラルウォーター」は前年同月に比べて発生前は2.8%増だが、発生後は45.7%増となっており、「カップ麺」や「電池」も同様に、地震発生後に大幅な増加となっており、「この地震を契機に被災地以外でも災害に備えてこれらの品目を購入した世帯が多かったとみられる」と、同部では分析している。熊本市でミネラルウォーター購入が11倍に

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る