Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

TPP ハンドブックでポイント整理-JA全中2016年10月19日

一覧へ

 JA全中はJA役職員に向けてTPP(環太平洋経済連携協定)について農業分野の合意内容や国内対策のポイントなどを整理した「TPPハンドブック」を作成した。

TPP ハンドブックでポイント整理-JA全中 TPPの合意文書は膨大な資料で、そのすべてを理解することは簡単なことではなく、生産現場では今もTPPへの不安の声が多く聞かれる。このためJA全中は、TPPの合意内容、政府による影響試算と対策、内容を理解するためのポイント、用語解説など、できるだけ分かりやすく論点を絞って整理した。
 農業分野については米、麦、牛肉、豚肉、乳製品など品目別に合意内容と影響・対策を見開きで掲載している。
 そのほか▽農業・食の安全等に関するルール分野の合意内容、▽総合的なTPP関連政策大綱、▽発効要件と発効後の扱いに関する合意内容を掲載している。
 同時にJAグループとしての今後の取り組みも明記している。
 TPPについては、▽関税の引き下げが長期間にわたって段階的になされる、▽ルール分野での将来的な影響が見通せない部分がある、▽交渉参加国拡大の可能性がある(韓国、フィリピン、タイ、インドネシア等)、▽協定の見直しを検討することが可能であるなどの理由から、現時点でTPPによるすべての影響を見通すことには限界がある、ことを指摘。
 生産者の努力だけでは到底埋めることのできない参加国間の歴然とした国土条件の差は「TPPによって何ら変わるものではないことから、農業への政策的支援は今後とも必要不可欠」と強調している。
 そのうえでJAグループとしては「想定を超える影響の可能性も含めて現実にどのような影響があるのかを中長期的な視野に立って注視し、生産現場の声を受け止め、農業者自らの努力で埋めることのできない部分について、必要な政策の確立を政府・与党に提言していく」との方針を示している。
TPP ハンドブックでポイント整理-JA全中 B5伴、44ページ。一部300円。都道府県JA中央会に申し込む。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る