Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

TPP協定 参加国手続き進まず2016年10月24日

一覧へ

 政府・与党が秋の臨時国会で最重要議案と位置づけるTPP(環太平洋連携)協定。米国では大統領候補が2人ともTPP反対を表明しているなか、日本がなぜ前のめりの審議をするのかという批判が強いなか、あろうことか山本農相は強行採決の可能性を示唆する発言をして野党は反発を強めている。一方、加盟国は米国の動向をにらみ多くの国で批准手続きを終えていない。

 内閣府がまとめたTPP協定に関する各国の国内手続きの概要は以下の通り。
【ニュージーランド】
 協定の議会承認は不要。協定及び国益分析書の議会審議が必要。2月9日に協定及び国益分析書を議会に提出(5月4日に審議終了)。5月9日に国内担保法を議会に提出。【オーストラリア】
 協定の議会承認は不要(協定及び国益分析書の議会審議が必要。2月9日に協定及び国益分析書を議会に提出。
【シンガポール】
 協定の議会承認は不要。
【メキシコ】
 協定の議会(上院)承認が必要。4月27日に協定を上院に提出。
【ペルー】
 協定の議会承認が必要。7月21日に協定を議会に提出。
【チリ】
 協定の議会(上下両院)承認が必要。
【米国】
 議会(上下両院)における実施法の可決をもって協定が承認される。8月12日に行政措置に関する説明文書案を議会提出(30日経過後、実施法案を議会に提出することが可能に)
【カナダ】
 協定の議会承認は不要(下院の審議が必要)。
【ブルネイ】
 協定の議会承認は不要(閣議もしくは立法評議会または両方の諮られた後、国王の裁可が必要)。【マレーシア】
 1月28日に特別に招集された議会で協定を承認(通常は協定の議会承認は不要)。
【ベトナム】
 協定の議会承認が必要。

  ※   ※

 なお、ブルネイを除く各国において国内担保法は議会による可決が必要となっている。
 米国は8月12日に行政措置に関する説明文書案を議会に提出し30日間を経過した9月12日以降、TPP実施法案の議会提出が可能となっている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る