農政 ニュース詳細

2016.10.24 
TPP協定 参加国手続き進まず一覧へ

 政府・与党が秋の臨時国会で最重要議案と位置づけるTPP(環太平洋連携)協定。米国では大統領候補が2人ともTPP反対を表明しているなか、日本がなぜ前のめりの審議をするのかという批判が強いなか、あろうことか山本農相は強行採決の可能性を示唆する発言をして野党は反発を強めている。一方、加盟国は米国の動向をにらみ多くの国で批准手続きを終えていない。

 内閣府がまとめたTPP協定に関する各国の国内手続きの概要は以下の通り。
【ニュージーランド】
 協定の議会承認は不要。協定及び国益分析書の議会審議が必要。2月9日に協定及び国益分析書を議会に提出(5月4日に審議終了)。5月9日に国内担保法を議会に提出。【オーストラリア】
 協定の議会承認は不要(協定及び国益分析書の議会審議が必要。2月9日に協定及び国益分析書を議会に提出。
【シンガポール】
 協定の議会承認は不要。
【メキシコ】
 協定の議会(上院)承認が必要。4月27日に協定を上院に提出。
【ペルー】
 協定の議会承認が必要。7月21日に協定を議会に提出。
【チリ】
 協定の議会(上下両院)承認が必要。
【米国】
 議会(上下両院)における実施法の可決をもって協定が承認される。8月12日に行政措置に関する説明文書案を議会提出(30日経過後、実施法案を議会に提出することが可能に)
【カナダ】
 協定の議会承認は不要(下院の審議が必要)。
【ブルネイ】
 協定の議会承認は不要(閣議もしくは立法評議会または両方の諮られた後、国王の裁可が必要)。【マレーシア】
 1月28日に特別に招集された議会で協定を承認(通常は協定の議会承認は不要)。
【ベトナム】
 協定の議会承認が必要。

  ※   ※

 なお、ブルネイを除く各国において国内担保法は議会による可決が必要となっている。
 米国は8月12日に行政措置に関する説明文書案を議会に提出し30日間を経過した9月12日以降、TPP実施法案の議会提出が可能となっている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ