農政 ニュース詳細

2016.11.15 
持続可能な畜産・酪農経営の実現を-JA全中の政策提案一覧へ

 JA全中は11月10日の全中理事会で29年度畜産酪農対策に関する政策提案を決めた。

 政策提案で生産基盤対策として▽地域ぐるみでの生産性・収益性の向上や生産基盤・競争力の維持・強化をはかるため「畜産クラスター計画」にもとづく取り組みについて継続的かつ十分な支援を講じること、▽繁殖雌牛・乳用後継牛の増頭にかかる支援、子牛の損耗防止、自家生産、飼養管理の適正化・高度化への取り組みの支援、などを求めた。
 経営安定対策は酪農で▽加工原料乳生産者補給金については酪農経営の再生産と将来に向けた投資が可能となる単価水準、乳製品が安定的に供給されるよう交付対象数量を設定すること、▽需給緩和時に備え需給調整対策を検討することなどを求めた。
 肉用牛肥育では▽牛マルキンへの十分な支援措置、▽肉用子牛価格の記録的高値に対応して資金繰り対策など十分な支援を講じること。肉用牛繁殖では▽肉用子牛生産者補給金について、保証基準価格を肉用子牛の再生産ができる水準とすること、▽同補給金と肉用牛繁殖経営支援事業の見直しについて、経営の実情に即した保証基準価格となるよう具体化を早急に進めることなどを求めた。 養豚は豚マルキンへの十分な支援を講じるよう求めた。
 飼料対策では草地の改良や整備による生産性の向上、国産飼料の増産・利用拡大に向けたコントラクターなどの外部支援組織の機能高度化への支援、配合飼料価格の製造コスト低減に資する飼料工場の再編・合理化を進めるための支援策を求めている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ