想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

4万人来場 小泉氏も 東京ハーヴェスト2016年11月21日

一覧へ

 東京ハーヴェスト実行委員会は11月12日と13日、六本木ヒルズアリーナで「東京ハーヴェスト」を開いた。4回目の開催となった今年は期間中、約4万人が来場し秋の収穫物を楽しんだ。

にぎわう会場 同委員会は食べ物を作ってくれる生産者へ感謝と尊敬の気持ちを伝えたいというコンセプトで設立。各地の秋の収穫物を提供し、日本の食文化を支える生産者への感謝の気持ちを再発見するイベントとして開いている。
 イベントのひとつ、「ハーヴェストカー青果リレー」では、イベント開催に先駆けて各地の生産者を訪問し感謝の気持ちをつたえ、各地の食材を集めた。地震や台風の被害があった熊本県や鳥取県などもめぐり、青果物がうけた被害の様子や生産者らの思いを来場者に伝えた。
 最終日にはサプライズゲストとして小泉進次郎農林部会長が登場。アリーナ内の店舗を巡った後、「東京ハーヴェストに通じて東京の真ん中の六本木ヒルズという場で、自分のつくっているものをみてほしい、食べてほしいと思って遠くからきてくれている生産者へ、消費者からもエールを送ってほしい」と話し、日本の食を未来へつなぐ重要性を伝えた。

青果リレー
あいさつする小泉農林部会長
(写真)にぎわう会場、青果リレー、あいさつする小泉農林部会長

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る