左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米の輸出促進の担当官を設置へ-農水省2016年12月26日

一覧へ

 農林水産省は12月22日、29年度の体制整備について公表した。

米の輸出促進の担当官を設置へ-農水省 農林水産物・食品輸出額1兆円目標の早期達成のため、▽司令塔機能を担う輸出促進審議官(仮称)、▽関係省庁との調整を統括する輸出戦略調査官(仮称)、▽米の輸出促進を担当する米穀貿易企画室長(仮称)を設置する。
 あわせて国・地域別や米・畜産物・加工食品など重要品目に関わる輸出戦略の実行体制を強化する。また、訪日旅行客の増加、輸出の増大に対応するため、輸出証明書の発行事務や動植物検疫の体制を強化する。
 農業の競争力強化に向けた体制の強化では▽生産資材コストの低減、GAPの導入、畜産・酪農の収益力強化に関わる推進体制の強化、▽土地改良事業の事業推進体制の強化と、農地・農業用施設の災害対策の強化を図る。
 29年度末の農林水産省の定員は2万1341人とする見込みで326人の減となる。農水省によると昭和43年度以降では最小の純減数になるという。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る