Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

オランダと植物品種保護で協力覚書2017年2月23日

一覧へ

 農水省は2月16日、オランダと植物品種の保護に係る審査協力に関する協力覚書に署名した。

 日本の種苗や農産物の輸出拡大には、日本で開発された植物品種の知的財産が海外でも保護されることが不可欠。
 植物の新品種の保護に関する国際条約(UPOV条約)に基づき、UPOV加盟国が出願品種の審査を行う際、他国での審査結果を活用できることになっている。
 このたび、日本の植物品種の海外での品種登録促進のため、オランダとの植物品種の保護に係る審査協力に関する協力覚書の署名に至った。
 これにより、平成28年3月から合計で11の国・地域との間で署名したことになる。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る