Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

松阪・米沢・前沢 和牛をGI登録2017年3月6日

一覧へ

 農林水産省は3月3日、地理的表示(GI)保護制度に新たに4産品を登録したことを発表した。これで28産品が登録された。

磯崎陽輔農水副大臣からGI登録証を授与されたJA岩手ふるさとの門脇功経営管理委員会会長 今回登録されたのは「特産松阪牛」(松阪牛連絡協議会)、「米沢牛(米沢牛銘柄推進協議会)、「西尾の抹茶」(西尾茶協同組合)、「前沢牛」(JA岩手ふるさと)の4産品。
 特産松阪牛は未経産牛の黒毛和種の雌牛を12か月齢までに兵庫県から導入し900日以上の長期間肥育する。不飽和脂肪酸を多く含んでいることから脂肪の温度が低い。生産地は平成16年11月1日当時の行政区画名としての三重県松阪市を含む22市町村。
 米沢牛は古くから品質と食味が評価され、米沢牛を目当てに米沢を訪れる観光客も多い。米沢牛駅弁は120年のロングセラー。生産地は山形県置賜地域(米沢市、南陽市、長井市、高畠町、川西町、飯豊町、白鷹町、小国町)。
 西尾の抹茶は愛知県西尾市、安城市が生産地。矢作川と矢作古川に囲まれた三角州にある茶園は地下水位が低く根深となるため、茶の旨味成分のテアニンの生成が促されるという。隣の岡崎市で産出される御影石を茶臼にしてきめ細かな抹茶を製造してきた。海外で健康飲料として好まれ販売額の25%は輸出だという。
 前沢牛の生産地は岩手県奥州市前沢地区。繁殖から肥育まで地元での一貫生産が特徴で、上質な香りが口のなかに広がり肉が溶けるように感じられる。
 前沢牛の商標はJA岩手ふるさとが取得。生産者は現在66名。後継者も育っているという。
 JA岩手ふるさとの門脇功経営管理委員会会長は「日本のトップブランドがそろったGI登録に仲間入りできて大きな励みになる。品質を落とさないよう責任を持ち、みんなで手を携えてがんばっていきたい」と話していた。
(写真)磯崎陽輔農水副大臣からGI登録証を授与されたJA岩手ふるさとの門脇功経営管理委員会会長


 

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る