左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ふるさと見守り活動を開始 NOSAI全国2017年8月21日

一覧へ

 NOSAI団体(農業共済組合等、農業共済組合連合会)は農業災害補償制度が70周年を迎えることを契機に、全国約6000台の業務用車両に防犯ステッカーを貼付するなどの「ふるさと見守り活動」を9月から一斉に開始する。

 NOSAI団体の運営は、部長や損害評価員などを地域の農家が担うなど集落の協力で支えられている。
 一方、地域では住居侵入、振り込め詐欺、農産物や農機の盗難など暮らしを脅かす犯罪が多発しており、こうしたなかNOSAI団体は防犯活動を通じて地域社会の安全確保と住みやすい生活環境づくりに貢献していく。
 具体的な防犯活動として全国6000台の業務用車両に「防犯パトロール中」のステッカーを貼付し日常業務を通じて犯罪被害防止を啓発する。農業共済組合で発行している広報紙に外出時の鍵かけ、振り込め詐欺への注意、盗難防止などを呼びかける記事を掲載する。そのほか地域の実情に応じて農業共済組合などの関係事務所を「子ども110番の家」に登録したり、子ども見守り活動を子どもたちの登下校時に実施するなどの取り組みも展開する。

(関連記事)

(109)農業共済は相互扶助の精神(16.11.01)

宅配のしくみを活用した「見守り安心サービス」を開始 パルシステム(16.09.21)

千葉・埼玉・東京の145自治体と「高齢者見守り協定」 コープみらい(16.08.17)

農家保管中の農産物損害を補償-全国農業共済協会(16.04.11)

「家畜診療等技術全国研究集会」開催 全国農業共済協会(16.02.10)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る