Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農家保管中の農産物損害を補償-全国農業共済協会2016年4月11日

一覧へ

 NOSAI団体(農業共済組合、農業共済組合連合会)は平成28年度から農家が納屋などに保管中の農産物を対象に、火災や水害による損害を補償する仕組みを新たに導入する。

 昨年9月の関東・東北豪雨では茨城県内の鬼怒川が氾濫し、常総市などでは納屋に保管中の米が流出する被害が多発した。そのため、NOSAI団体はこれまで対象ではなかった、収穫後に保管中の農産物の損害を補償する仕組みを新設することにした。
 納屋などの建物総合共済への加入にあわせて、特約として付帯する。対象農産物は、米穀、麦、大豆のうち加入者が選択した品目。共済事故は火災および風水害、雪害その他の自然災害。
 補償タイプは(1)Aタイプ(一時保管向け):120日以内で加入者が選択する期間を補償、(2)Bタイプ(通年保管向け):年間を通じて補償、のいずれかから選択する。
 AタイプはJAなどへの出荷前の一時保管に対応し、Bタイプは自家販売などのための通年保管に対応する。
 共済金は共済事故により収容農産物に被害が発生した場合(1事故1万円を超える損害が発生した場合)、実損害額を共済金として支払い限度額まで支払う。地震等事故は実損害額の30%。
 支払い限度額は1口あたり、1建物・1品目につき100万円。加入者の選択により5口(500万円)までの加入を可能とする。地震等事故については1口あたり、1建物・1品目につき30万円が限度。
 共済掛金は1建物・1品目・1口あたり、Aタイプが1000円、Bタイプが3000円となっている。
 

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る