農政 ニュース詳細

2017.10.17 
畜産の農福連携でシンポ開催-畜産経営支援協議会一覧へ

 畜産経営支援協議会は畜産現場での障がい者の参画推進をテーマにしたシンポジウムを10月21日の東京開催を皮切りに全国5か所で開く。

 畜産分野では後継者不足による担い手の高齢化が進み、新規参入者や補助的労働力の確保が課題となっている。一方、農業と福祉の連携、「農福連携」も農業の機能発揮のひとつのテーマとなり、畜産分野への障がい者参画も注目されるようになってきた。
 (公社)中央畜産会と(一社)中央酪農会議などを構成員とし、畜産経営の改善と地域活性化を目的に設立された畜産経営支援協議会は、平成27年度から3年間の事業として障がい者参画支援事業(日本中央競馬会の助成)をその一環として、現状や課題、先進事例報告などを行うシンポジウムを開催する。参加費は無料。
◎日時:平成29年10月21日(土)13:00~16:30
◎場所:TKP御茶ノ水会議室大ホール(千代田区神田駿河台)
◎プログラム:
【基調講演】「障がい者の就労支援を通した農畜産振興~ソーシャルファームの視点~」(社福)恩賜財団済生会・炭谷茂理事長
【パネルディスカッション】映像や事例集をもとに意見交換:パネリスト=畜産現場における障がい者の参画推進委員など。

〈仙台会場〉
◎平成29年11月23日(木)
場所:仙台国際センター)

〈札幌会場〉
◎平成29年11月25日(土)
場所:ACU-Y)〈神戸会場〉

◎平成29年12月10日(日)
場所:神戸国際会議場501)

〈熊本会場〉
◎平成29年12月16日(土)
場所:熊本県総合福祉センター研修ホール)
※時間はいずれも13時から16時30分を予定(変更あり)

★問い合わせ・参加申込:03-6206-0843(畜産経営支援協議会)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ