農政 ニュース詳細

2018.01.17 
米国のコメ生産 1997年以来最低水準-米国農務省一覧へ

 米国農務省は、1月12日(現地時間)、2017/18年度の世界の穀物・大豆に関する需給見通しを発表した。米国のコメ生産は1997/98以来最低水準となり、前年度比▲20.5%の560万tの見込みとなっている。

 世界の穀物全体の生産量は25億6594万tで対前年度比1.4%減の見込み。一方、消費量は25億7568万tで対前年度比0.1%減の見込み。期末在庫量は6億4286万tで対前年度比1.5%減、期末在庫率は25.0%で対前年度差0.4ポイント減の見込みと発表した。
 国連食糧農業機関(FAO)が指標とする安全在庫水準は穀物全体で17~18%となっている。
 品目別の動向では、小麦の生産量は米国で冬小麦の収穫面積が記録的な低水準になることなどから減少。豪州でも東部の乾燥で減少するものの、ロシアで冬小麦・春小麦ともに作柄が極めて良好であることから史上最高となり、EUでも増加が見込まれることから、世界全体では前年度を上回る7億5701万t(対前年度比0.9%増)の見込み。
 消費量は、中国などで減少するものの、ロシア、インドなどで増加が見込まれることから前年度を上回る7億4170万tの見込み。世界全体の生産量は消費量を上回り、期末在庫率は前年度より2.0ポイント上昇して36.1%となる見込み。
 トウモロコシの生産量は、米国、南アフリカ、中国、ブラジル、ウクライナなどで減少が見込まれることから、世界全体では前年度2.9%減の10億4456万tの見込み。消費量は、中国、米国などで増加が見込まれることから前年度を0.4%上回る10億6673万tの見込み。
 世界全体の生産量は消費量を下回り、期末在庫率は前年度より2.2ポイント低下して19.4%となった。なお、ベトナムは、北部産地で生育期間中の多雨により、生産量が前月から下方修正された。
 米の生産量は、米国で作付期にアーカンソー州北東部、ミズーリ州南東部で洪水が発生、カリフォルニア州では土壌水分の過剰で収穫面積が減少し、生産量が1997/98年度以来最低となることが見込まれている。また、インドなどでも減少が見込まれることから、世界全体では前年度を下回る見込み。
 一方、消費量は前年度並みで、世界全体の生産量は消費量を上回り、期末在庫率は前年度より0.6ポイント増えて29.3%の見込みとなった。
 なお、フィリピンは、史上最高の収穫面積となり、生産量が史上最高の1200万tに上方修正された。
 大豆の生産量は米国で史上最高の収穫面積、中国でも収穫面積が拡大して増加するものの、ブラジルなどで減少が見込まれることから、世界全体では前年度を0.8%下回る3億4857万tの見込み。消費量は、中国などで増加が見込まれることから前年度4.4%増で史上最高となる3億4447万tの見込み。世界全体の生産量は消費量を上回るものの、期末在庫率は前年度より0.6ポイント低下して28.6%となる見込み。
 ブラジルは、単収の上方修正により、生産量が前月から200万t上方修正。アルゼンチンは、おもに北部産地での播種面積の下方修正により、生産量が前月から100万t下方修正された。

 

(関連記事)
生産性向上の研究開発に投資【スバーシュ マーカド(Subhash Markad) BASFジャパン(株)農薬事業部執行役員 事業部長】(17.12.19)
29年産米の値上がりと30年産問題(17.12.18)
種子処理技術でグローバルな協力に合意 デュポンと住友化学(17.12.07)
30年産の価格が分かる「コメ先物市場」(17.11.06)
【インタビュー高木剛・日本労働組合総連合会(連合)顧問(元会長)】国民の負託に応え、食と農から日本のリードを(前半)(17.11.01)
米国農業に打撃 不法移民取締り(17.09.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ