人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

バターと脱脂粉乳 枠超過輸入5年連続-農水省決定2018年1月29日

一覧へ

 農林水産省は1月26日、30年度のバターと脱脂粉乳の輸入数量枠を決めた。年度全体でバター1万3000t、脱脂粉乳2万7000tの輸入枠数量となった。

 農林水産省によると、9月から3月に毎週実施している「小売店におけるバターの店頭調査」ではすべての調査店舗でバターが並んでいることから、需給は安定的に推移していることが見込まれるという。
 また、生産、流通、消費関係者による情報交換会議でも、昨年12月にはバターの在庫は十分にあることが確認された。
 これをふまえバターの平成30年度の需給見通しを得るために、各月の最小生産量と最大消費量(いずれも過去6年間)をもとに試算した。その結果、31年2月に必要在庫量を最大1万2300t下回る見通しとなったことから、バターは1万3000tの輸入枠を決定した。29年度の輸入枠と同量とした。
 一方、脱脂粉乳を原料とするヨーグルトなどの消費が伸びており、国産原料の乳製品のニーズも高いことから、業界には脱脂粉乳の在庫量を増やす動きがある。そのため実需者からは必要在庫水準の見直しを求める声も多いという。
 また、脱脂粉乳需要は季節的な変化がほとんどなく保存がきくため、必要在庫量はバターのように翌月消費見込量を基準とするのではなく、毎月一定量とすべきではないかとの声も多いことから、30年度から必要在庫量を一定数量に見直すことにした。
 具体的には29年度末の在庫量は6万tを超える見込みで入札価格も落ち着いたことと、実需者からは期末在庫は5~6万tが必要との指摘も出ていることから、30年度末の必要在庫量は6万tとする。
 これをもとに過去6年間の各月の最大消費量などで試算すると、31年3月に6万tの必要在庫量を最大で2万6500t下回る見込みとなったことから、脱脂粉乳の輸入枠は2万7000tとした。
 脱脂粉乳は29年度当初、輸入枠を1万3000tとしたが、5月の検証で2万1000tを追加輸入することを決定し、合計で3万4000tに拡大。すでに全量が落札され順次輸入されている。30年度は脱脂粉乳を原料としたヨーグルト、アイスクリーム、飲料などの消費が伸びていることから当初から輸入量を多く設定した。
 バターと脱脂粉乳の輸入は昨年度と同様、5月と9月に検証を行う。
 生乳換算での輸入数量はバター16万420t、脱脂粉乳17万4960tとなる。日本はガット・ウルグアイ・ラウンド合意にもとづき、毎年カレントアクセスとして乳製品を生乳換算で13万7000t輸入する国際約束をしている。30年度はカレントアクセスを約19万8000t超過して輸入することになる。カレントアクセスを超過した輸入は平成26年以来5年続きとなる。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る