想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

そば収穫量18%増加2018年2月16日

一覧へ

・29年産作付面積と収穫量を公表、農水省

 農林水産省は2月15日、平成29年産そば(乾燥子実)の作付面積と収穫量を公表した。

 同省がまとめた農林水産統計によると、作付面積は6万2900haで、前年産に比べ2300ha(4%)増加した。これは他の作物からの転換などがあったため。全国の10a当たりの収量は54kgで、作柄の悪かった前年産に比べ13%上回った。これは主産地である北海道でおおむね天候に恵まれ、登熟が良好だったことによる。
 なお、10a当たりの平均収量対比は95%となった。
 全国の収穫量は3万3900tで前年産に比べ5100t(18%)増加した。

*乾燥子実とは食用を目的に未成熟で収穫されるものを除いたもの。
*作付面積には被害などで収穫できなかった面積を含む。

 

(関連記事)
【インタビュー・大澤誠農林水産省経営局長】「自ら変わる」発想で農協の新時代を(前編)(18.02.16)
ハダニ類が九州から南関東で発生と予想(18.02.15)
ジビエ利用量1000t-農水省(18.02.15)
4月施行の新JAS制度で全国説明会 農水省(18.02.15)
JAS規格認証支援事業を開始、農水省(18.02.14)
中食・外食に大きな米消費拡大の可能性【藤尾益雄(株)神明代表取締役社長】(18.02.06)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る