農政 ニュース詳細

2018.02.20 
植物新品種で電子出願が可能に一覧へ

 農林水産省は3月26日をメドに、種苗法にもとづく植物新品種の品種登録の電子出願および電子納付を開始する。その説明会が2月23日、同省の三番町共有会議所で行われる。

植物新品種の電子出願と電子納付を可能にした仕組み

 植物新品種の品種登録制度は、新しい品種を国に登録し、新品種の育成者の権利を知的財産として保護するもの。品種登録されると「育成者権」が発生し、その登録品種などの利用の権利を専有できる。わが国の品種登録件数は毎年、1000件程度登録されており、この登録数は世界で第5位にあたる。
 また、電子出願と電子納付の導入により、入力内容のチェック機能やATM、ネットバンキングによる手数料の納入が可能になるなど、出願者の負担が軽減され利便性の向上が期待できる。
 電子出願と電子納付までの流れ、およびログイン申請についての概要は次の通り。

 
【電子出願と電子納付までの流れ】
 農林水産省品種登録ホームページからシステムログイン画面にユーザーIDおよびパスワードを入力し、電子出願入力フォームより出願者情報などの必要事項を入力。添付書類をアップロードする。入力内容を保存し、出願ボタンをクリックすると同省にデータが登録され出願される。
該当の出願にチェックを入れて納付申請をクリックすると、納付番号などが通知される。ペイジー(ネットバンキングやATM)を利用して出願料(4万7200円)を納入して完了となる。年中無休、365日24時間の出願が可能。
 登録料も同ホームページからシステムログインし、簡単な手続で納付できる。

 
【ユーザーIDとパスワードの入手方法】
 同ホームページから申請書をダウンロードして、事前に同省担当部署まで郵送する。FAXとメールでは受け付けない。2月27日から申請を受け付ける。郵送先は次の通り。
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1 農林水産省食料産業局知的財産課種苗室登録チーム宛て。

 
【説明会の概要】
▽日時:2月23日午後3時から。
▽会場:同省三番町共用会議所第3、第4会議室
▽所在地:東京都千代田区九段南2-1-5
▽定員:60名(先着順)

 
○問い合わせ先:同省食料産業局知的財産課種苗室
○TEL:03-6738-6471

 

(関連記事)
高温でも容易に着色する極大粒ブドウ育成に成功 農研機構(18.02.16)
各国の保護担当官を集め登録出願説明会 JATAFF(18.02.14)
中食・外食に大きな米消費拡大の可能性【藤尾益雄(株)神明代表取締役社長】(18.02.06)
「金のいぶき」と「花粉米」、2つの機能性米(17.12.11)
メキシコの花卉遺伝資源を保護 サカタのタネ(18.01.16)
長ナスの新品種「PC筑陽」を新発売 タキイ種苗(17.12.03)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ