Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

メキシコの花卉遺伝資源を保護 サカタのタネ2018年1月16日

一覧へ

 サカタのタネは、国際協力機構(JICA)の「途上国の課題解決型ビジネス調査」において「産官学による利益配分システム構築と産業振興を連動させた花卉遺伝資源ビジネス調査」を提案し、採択された。

花卉遺伝資源が豊富なメキシコの風景 メキシコは、多様な花卉遺伝資源を有するものの、十分に商業利用がされておらず、遺伝資源から生じる利益が地域社会に還元されていない。そのため、その価値が認識されず、生物多様性の保護にも課題がある。
 同社は高付加価値の花卉の新品種を開発し、そこから生じる利益を地域社会に還元する契約モデルを構築することで、遺伝資源へのアクセスとその利用から得られた利益を公正かつ公平に配分することを目指す。同時に、遺伝資源の価値が認識されることによる資源保全への理解促進も期待される。
 同社はこれまでに、生物多様性条約に基づいた遺伝資源を利用していくことで、インドネシア政府と正式に合意しており、同国の遺伝資源を用いて開発された「サンパチェンス」シリーズの売上金の一部は、同国に還元されている。
 またアルゼンチン共和国では、同国国立農牧技術院と同社の共同で、植物遺伝資源探査事業に基づき、探査された遺伝資源からメカルドニア「イエロークロサイト」を開発、2011年より売上金の一部は同国に還元され、生物資源保護などに役立てられている。

(写真)花卉遺伝資源が豊富なメキシコの風景

 

(関連記事)
夏秋栽培向き晩成トルコギキョウ3品種を発売 サカタのタネ(17.12.25)
アルゼンチンに現地法人設立 サカタのタネ(17.12.19)
宮城県大崎地域が世界農業遺産に-FAO(17.12.13)
種子法廃止の運動継続を 生産者・消費者が勉強会(17.04.11)
日本の種子をどうする 種子法廃止で意見交換(17.03.30)
農研機構 全ロシア植物保護研究所と連携協定(16.09.06)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る