左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アルゼンチンに現地法人設立 サカタのタネ2017年12月19日

一覧へ

 種子メーカーである(株)サカタのタネは、2018年4月に南米・アルゼンチンに現地法人を設立する。

 アルゼンチンは、人口が4341万人(南米第3位)で、回復中の経済成長と底堅い国内消費の増加、活性化が予想されている。国民1人当り野菜消費量は年間約70㎏と、ブラジルの約50kgを上回っており、野菜種子の市場規模は南米ではブラジルに続く2番目だ。
 サカタのタネはこれまで、同国では代理店を通じて野菜種子を販売してきてきたが、今後に予測される同国の野菜市場ニーズやトレンドに素早くきめ細かく対応するために、現地法人を設立することにした。
 名称は「Skata Seed Argentina S.A.」で、所在地はブエノスアイレス市。資本金は1700万アルゼンチンペソ(約1億900万円)で、サカタのタネが95%株式を保有する子会社となる。事業内容は、種子の輸入と販売、試験栽培で、単体の売上高目標は4年後に6.2億円、8年後に9.3億円としている。

 

(関連記事)
「たねダンゴ」用の花の種子を発売 サカタのタネ(17.11.22)
台木トマトの新品種「アシスト」の種子を発売 サカタのタネ(17.10.31)
食欲の秋におすすめ おでんだねダイコン「冬自慢」(17.07.18)
「食べる」で訴求 絵袋種子にレシピ サカタのタネ(17.06.20)
黄化葉巻病耐性の大玉トマト「麗妃」 サカタのタネ(17.06.08)
花房大きく豪華 アジサイ「万結珠(まゆだま)」苗受注開始(17.06.06)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る