想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

スマート農業技術カタログを公表 農水省2018年9月7日

一覧へ

 農林水産省では、スマート農業に関する技術等を6月~7月にかけて募集した結果、研究機関や民間企業等から198の技術の提案があった。これらを「スマート農業技術カタログ」として取りまとめ、農水省のホームページで紹介した。

 近年、農業に関するロボットやドローン、AI、ICT等の先端技術の開発が進み、これらを活用して超省力・高品質生産を実現する「スマート農業」に農業者の関心が高まっている。
 今回のカタログでは、技術の活用が想定される営農類型別に、▽活用するシーン、▽活用の目安となる技術内容の分類、▽技術の特徴や効果をまとめた技術概要と問い合わせ先を掲載した。このカタログは引き続き提案を受け付けており、随時更新する予定。なお、これらは現在開発・販売されている技術を広く知らせるためのもので、農水省が確認・認定しているものではない。

参照・応募は「スマート農業技術カタログ」から。

 

(関連記事)
スマート農業加速化実証プロジェクトの説明会を全国で 農水省(18.09.06)
農業者の所得増大へ改革加速を 第4回JA営農・経済フォーラム(18.08.21)
利用拡大する全農の「Z-GIS」(18.07.31)
【キーワード農政・スマート農業】「政府全体で推進 社会実装へ」山田広明・農林水産省大臣官房政策課技術政策室長(18.07.27)
農業イノベーションの技術提案を募集-農水省(18.06.29)
神出全農理事長が「AG/SUM」で講演(18.06.12)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る