左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業イノベーションの技術提案を募集-農水省2018年6月29日

一覧へ

 農林水産省は6月27日、米、野菜、果樹などの耕種農業について、現場ニーズに対応する技術やスマート農業に関する新技術についての提案を民間企業などから広く募集すると発表した。

 ロボットやドローン、ICTなど先端技術を活用したスマート農業に関する新技術・機械などの提案を研究機関や民間企業から募集し、それを農林水産省のホームページで紹介する。
 また、提案された技術について農業者と提案者が直接対話するマッチングミーティングを8月6日に行う。
 今回は耕種農業を対象に、ロボットやドローン、AI、ICT等を活用し、生産コストの低減、農産物の品質向上、作業の軽減・省力化、経営の改善等の効果が見込まれる技術や機械。技術開発段階でもいい。
 また、農水省が担い手からのヒアリングなどでまとめた米、野菜、果樹についての現場の技術ニーズ(農水省ホームページに掲載)に対応する技術も募集する。
 なお、マッチングミーティングは8月6日(月)午後1時から農林水産省で「米」をテーマに開催する予定。
 応募締め切りは平成30年7月18日(木)。登録方法など詳しくは農業イノベーションのための技術提案の募集等について(第1回)で以下のアドレスから。

 

(関連記事)
スマート農業 政府一体で推進-活力本部で確認(18.06.05)
「農業白書」 国民への発信が課題-審議会で意見(18.04.18)
農業界・産業界にとって頼りになる農研機構に(18.04.06)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る