左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

家族経営協定締結 5万7000戸 0.8%増-3月31日現在2018年11月13日

一覧へ

 農林水産省は11月12日、3月31日現在の家族経営協定締結農家数を公表した。

それによると締結農家数は全国で5万7605戸で前年にくらべ450戸、0.8%増加した。
 都道府県別に前年からの増加数をみると、栃木=85戸(2.4%増)、宮崎=73戸(3.9%増)、千葉=72戸(3.9%増)、愛知=66戸(4.5%増)、長野=49戸(1.7%増)の順に多くなっている。 29年度中の新規締結や見直しなどで再締結した協定の取り決め内容は、「農業経営の方針決定」93.3%、「労働時間・休日」92.4%、「労働報酬(日給・月給)」73.4%などが多くなっている。
 農水省ホームページには家族経営協定の締結事例を紹介している。締結による経営の改善、生活面の役割分担、女性の社会参画などで効果があった14事例を取り上げている。

(関連記事)

担い手農業者の6割以上が後継者候補あり 日本公庫(18.11.02)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る