農政 ニュース詳細

2019.03.08 
豚コレラ 岐阜で国内11例目を確認一覧へ

 農林水産省は3月7日、岐阜県で国内11例目となる豚コレラの擬似患畜を確認したと発表した。

 発生農場は同県山県市。1296頭を飼養していた。
 6日に食欲不振の豚がいるとの報告を受けた家畜防疫員の立入検査で、豚コレラの疑いが生じたため精密検査を実施したところ、7日に擬似患畜であることが確認された。
 農水省は防疫指針に基づき飼養豚の殺処分や移動制限区域の設定などの防疫措置を実施する。

 

(関連記事)
豚コレラ 岐阜で国内11例目を確認(19.03.08)
愛知県豊田市 搬出制限区域解除-豚コレラ(19.03.04)
野生イノシシに餌ワクチンを散布-農水省(19.02.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ