農政 ニュース詳細

2019.06.25 
関市で疑似患畜 豚コレラ27例目一覧へ

 農水省は6月23日、岐阜県関市の農場で豚コレラ疑似患畜を確認した。野生イノシシ陽性確認地点から10kg以内にあり監視対象になっていた。全国で27例目となる。

岐阜県は6月22日、農場から飼養豚が異常な状態にあるとの報告を受け、家畜防疫員による立入検査を行った。この結果23日、豚コレラの疑似患畜であることが分かった。「豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」に基づき、防疫措置等、万全を期す。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ