左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

三重県で豚コレラ 国内32例目2019年7月25日

一覧へ

 農林水産省は7月24日、三重県で国内32例目となる豚コレラの発生を確認したと発表した。

 岐阜県、愛知県に加えこれで3県に豚コレラの発生が拡大した。
 三重県での発生はいなべ市の農場。22日に死亡豚で豚コレラ陽性の反応があったが、遺伝子検査では臨床症状と検査結果が一致しなかったことから、23日の再検査の結果、24日に擬似患畜と判明した。
 農場では4058頭を飼養していた。飼養豚の殺処分や移動制限区域の設定など防疫措置を実施している。

 

(関連記事)
豚コレラ 発生とまらず岐阜で31例目(19.07.10)
国内30例目を愛知県で確認-豚コレラ(19.07.08)
豚コレラ ネズミやハエが媒介の可能性-農水省検討会(19.05.22)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る