農政 ニュース詳細

2019.09.10 
JASの制定テーマを提案募集 農水省一覧へ

 農林水産省は、JASの制定やJASの国際化に取り組むべきテーマの選定に向け、「JASの制定等のテーマに関する調査(提案募集)」を、9月6日から10月7日までの間実施する。

 規格・認証は、産品や事業者の品質、技術、取り組みの内容を「見える化」するものであり、特に、食文化や商慣行が異なる海外市場において、その産品を知らない取引相手に品質や特色を訴求するには、"戦略的な"規格・認証の制定・活用が重要となる。
 農水省は、わが国の農林水産業・食品産業の競争力強化を図るため、強みのアピールにつながる多様なJASの制定・国際化に向けた技術的なデータの収集、検討・調整、規格素案の作成を行う事業を民間団体などに委託して実施することとしている。
 この調査は、上記事業において取り組むべきテーマを選定するため、JASの制定や国際化のニーズを広く把握することを目的として、定期的に行うこととしているもの。
 提案のテーマや提案方法などは次のとおり。

◆提案要件
 提案するテーマは、国が主体的にJAS化・国際化に関与すべきものとして、次のいずれかに該当するものであること。
▽食品の流通や食品表示など、国内外の規制で引用され得る分野
▽業全体の競争力強化に直結する分野、または、規格化・国際化に取り組まないことにより業全体の競争力の低下に直結する分野
▽新市場の創出など、社会・経済への波及効果が期待される分野

◆募集期間
 9月6日から10月7日

◆提案方法
▽調査票(別紙様式)
 補足説明資料(様式自由。JAS化・国際化に要する調査などの概要、実施体制などを分かりやすく説明したもの)
▽提出先
 電子メールで次のアドレスあてに提出する。jas_soudan@maff.go.jp
件名は、「JASの制定等のテーマに関する調査」とすること。
※調査票様式(ワード形式)の入手や、詳細については、次のURLを参照。
http://www.maff.go.jp/j/jas/190906_theme_bosyu.html

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ