Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

女性農業者の活躍を促進 「第5回大農業女子会」など開催 農水省2020年2月14日

一覧へ

 3月10日の「農山漁村女性の日」にちなみ、農林水産省は3月5日、女性農業者の活躍を促進する「第5回大農業女子会」を農林水産省(東京都千代田区)の共用第1会議室で開催。また、全国でも各種行事が開かれる。

 国連は3月8日を「国際女性デー」と制定しているが、農林水産省は、これに続く3月10日を「農山漁村女性の日」と制定し、農林水産業の重要な担い手として、女性がより能力を発揮していけるよう促進している。

 この関連行事として、3月5日に農業女子プロジェクトメンバーが参加する「第5回大農業女子会」を開催。また、3月6日には農業に関心のある若者のアイデアを支援する「未来農業DAYs」を開き、女性農林漁業者の優れた取り組みを表彰する。

 さらに、3月10日前後で、他団体も農山漁村における女性の活躍推進に向けた行事を行う。

 各行事の概要は以下の通り。


◎第5回大農業女子会
 農業女子プロジェクトメンバーの経営力を強化し、「全国の農業女子の新たな出会いとつながり」を育む取り組みの一環として開催。多様なステークホルダーが参加する会議を企画・運営するための進め方に係る講演とワークショップを行う。

<概要>
▽日 時:3月5日 13時30分~18時00分
▽場 所:農林水産省7階共用第1会議室(ドア番号本767)(東京都千代田区霞が関1-2-1)
▽講 演:ワークショップ「農業女子のためのファシリテーション基礎講座 すぐできる!気持ちよい話し合いに貢献するワザと心構え」
講 師:NPO法人市民プロデュース理事長平田隆之氏、理事小柳明子氏
▽参加者:農業女子プロジェクトメンバー


◎未来農業DAYs
 女性農林漁業者の活躍に資する「令和元年度農山漁村女性活躍表彰式」と若者の農業の発展に資するアイデアを支援する「大地の力コンペ2020」を行う。

<概要>
▽日 時:3月6日 11時45分~16時40分
▽場 所:ヒューリックホール東京(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町5マリオン11階)
▽参加者:受賞者、関係団体の他、主催者が一般から募集
▽問い合わせ:(一社)全国農業会議所 03-6910-1124

◎「Woman in Food and Agriculture」(日豪女性交流会)
 駐日オーストラリア大使館で「日豪女性交流会」を開催。同大使館では、毎年「国際女性デー」の前後にジェンダー平等の取り組みの一環として、各分野の女性活躍をテーマとする行事が行われている。今年は「農業」をテーマとし、日豪両国の女性農業者の活躍のため、"女性の就農を促すための方策"や"イノベーション"、"災害に対してのレジリエンス(強靱性)"などをテーマに、農業、食品分野で活躍する日豪女性の交流会が開かれる。

<概要>
▽日 時:3月10日 12時~14時
▽場 所:オーストラリア大使公邸(東京都港区三田2-1-14)
▽主 催:駐日オーストラリア大使館
▽参加者:日豪の女性農業者、日本の食品業界で活躍する女性、日豪政府関係者

◎全国で開催される「農山漁村女性の日」関連行事詳細

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る