想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:イントレックス
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【コロナショック】食料安全保障 国民で議論を-江藤農相2020年4月16日

一覧へ

 新型コロナウイルス感染症が世界中に広がるなか、海外に多くの食料を依存している日本の状況について、江藤農相は4月14日の会見で食料安全保障や食料自給率の議論に「いい意味で(影響が)あってほしい」と述べた。

 江藤農相は37%という食料自給率に不安を持つ国民がいる一方、どこに行っても食料が手に入る供給体制が確保されているなか、「身近な脅威」として感じていなかった国民もいただろうと指摘した。

 そのうえで日本は少子高齢化だが世界の人口は大きく増えていくため「日本も今まで以上に自国でどれだけの食料をカロリーベース、生産額ベースでも確保できるか、今こそ議論すべきときが来たのではないか。食料安全保障に国民の関心が向いている今こそ、生産基盤の強化をして国民の不安を取り除く政策をやるときが来たのではないかと思っている」と述べた。

 一方、一部の国で輸出規制をしていることについて、現時点では食料調達に影響がないとした。ただ、感染拡大が世界の農業生産や流通にも影響が出てくる可能性もあるとして注意深く見ていくとともに、現在のところ6月下旬に予定されているG20農相会合などの機会を通じて、各国が輸出を規制することがないよう冷静な対応をよびかけていく考えを示した。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る