Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2工場で野菜未利用部の飼料・肥料化に成功 サラダクラブ2020年7月2日

一覧へ

パッケージサラダ製造・販売の(株)サラダクラブは、三原工場(広島県三原市)と真庭工場(岡山県真庭市)で「野菜廃棄物ゼロ化」を実現した。

野菜廃棄物ゼロ化(飼料化・肥料化の組み合わせ)の流れ野菜廃棄物ゼロ化(飼料化・肥料化の組み合わせ)の流れ

「野菜廃棄物ゼロ化」は、パッケージサラダ製造時に発生する野菜の未利用部を工場内で全て飼料や肥料に変え、酪農家や契約産地に売却して有効活用化する施策のこと。2020年1月の遠州工場(静岡県周智郡森町)が最初の事例となる。

三原工場と真庭工場で発生した野菜の未利用部は、これまで産業廃棄物処理業者を通じリサイクルしていたが、発酵分解装置を導入することで工場内で肥料化できるようにした。肥料は、各工場と野菜の契約取引を行っている近隣産地に売却する。

これにより、契約産地には安価な国産肥料が手に入るというメリットがある。また、資源をむだにしない循環型農業も構築することができる。

同社は7つの直営工場をがあり、2021年度までに全直営工場の「野菜廃棄物ゼロ化」を目指す方針。今回三原工場と真庭工場で実現したことで、3工場での「野菜廃棄物ゼロ化」が完了した。

同社は、今後も限りある資源である野菜の有効活用を通じ、環境を大切にする循環型社会の実現に向けた取り組みを進めていく考えだ。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る