Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農林水産被害額160億円-令和2年7月豪雨 13日現在 農水省調べ2020年7月14日

一覧へ

農林水産省は令和2年7月豪雨による農林水産関係被害について、7月13日時点で159億9000万円と発表した。現時点までの被害報告を集計したもので、九州北部、岐阜県、長野県など大雨特別警報が発表された地域を中心に、今後さらに農作物の大きな被害が予想される。

これまでに熊本県の人吉・球磨地域、芦北地域、鹿児島県の北薩地域などで甚大な被害が確認されている。

農林水産関係の被害は34道府県から報告が上がっている。

農作物等の被害額は14億円。16府県から報告があり、水稲、施設野菜、露地野菜、果樹、花き、葉たばこの冠水や、露地野菜の倒伏、果樹の枝折れ、落果などの被害が出ている。また、畜舎、堆肥舎、食肉処理施設の冠水、損壊などの被害のほか、5県で10万頭羽以上の水死などが確認されている。農業用機械、農業用資材の冠水も起きた。

農業関係の被害額は23億円となっている

林野関係では25道府県計345か所の林地荒廃が報告され、林道施設などの被害と合わせて121億円となっている。

水産関係は漁船、漁港施設などで0.9億円の被害が確認されているが、養殖や水産物などの被害は調査中となっている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る