協友アグリヘッドSP:FG剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

ヨコバイ科の新害虫を確認 徳島県2020年10月5日

一覧へ

徳島県病害虫防除所は9月30日、ウメとモモの葉を加害するヨコバイ科の一種Singapora Shinshana(Matsumura)を初めて確認し、今年度第1号の特殊報を発した。国内3県目。

成虫Singapora Shinshanaの成虫

今年8~9月にかけて県下全域で確認し、神戸植物防疫所に依頼した同定の結果、これまで和歌山県と沖縄県でのみ確認されていたヨコバイ科の一種(和名なし)であることが確認された。和歌山県ではウメへの加害報告があったが、今回はウメに加え、国内で初めてモモが被害にあった。

海外では、中国、台湾、韓国および北朝鮮で確認されている。

成虫の頭頂部の特徴=黒点成虫の頭頂部の特徴=黒点

幼虫および成虫が葉を吸汁加害して葉が白化し、被害がひどければ葉が落ちる。被害葉の裏側には幼虫の脱皮殻が付着する。

ウメとモモへの加害が国内で認められたことになるが、ナシやリンゴなどのバラ科果樹のほか、サンザシ、ポポー、ポプラなどを加害することがこれまでに報告されている。

対象の農薬はないため、被害葉の早期発見と早期除去に努めることとしている。


その他、病害虫情報はこちら
bn_byogaichu2020.gif

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る