想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

営農型太陽光発電設備の災害時活用で地元町内会と協定 千葉エコ・エネルギー2020年10月12日

一覧へ

千葉エコ・エネルギー(株)は9月17日、千葉市緑区大木戸町の大野町内会との間に「災害時における蓄電池等の借用に関する協定書」を締結。同社が保有する営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)設備である千葉市大木戸グリ・エナジー1号機で調印式を行った。

大野町内会の君塚吉男会長(写真左)と千葉エコ・エネルギーの馬上丈司代表大野町内会の君塚吉男会長(写真左)と千葉エコ・エネルギーの馬上丈司代表

同協定では、有事の際に大野町内会の避難場所となる「千葉市緑区大野町内会館」に対して、同社が千葉市大木戸アグリ・エナジー1号機で農作業を行う際に活用している自家消費型営農型太陽光発電設備や大容量蓄電池、バッテリー式のワークライトとラジオ付テレビなどの貸し出しを行う。今後も同社の営農型発電設備の災害時充電スポット化に向けた協議等を進めて行く予定。

昨年、大野町内会は令和元年房総半島台風(台風15号)により各所で倒木が生じるなど大きな被害を受け、約8日間の停電に見舞われた。その教訓から同社は、5月から営農型太陽光発電を活用した災害支援モデル(農村BCP)の構築を目指す実証事業を実施しており、停電復旧の日からちょうど一年が経つ9月17日に、同社が取り組む営農型太陽光発電設備と農業を地域のレジリエンス向上に活かすための協定締結に至った。
同社は、今後も営農型太陽光発電設備と農業を通じた分散型発電の実現や、地域のレジリエンスの向上、脱化石燃料型農業の実現をめざす。

貸し出し備品(一部)貸し出し備品(一部)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る